2020年11月最新のおすすめRPGアプリ14選

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

どうも、こんにちは。ぐっさん(@gussanchi0123)です。

今回はラスクラの第7回公式生放送のまとめと言うことで記事を書いていこうと思います。

発表された最新情報などを簡単に紹介していきますので、まだ生放送を見ていない場合は参考にしてみてください。

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!

それでは早速、生放送の内容をまとめていきます。

1.新大陸オープン&新ストーリー追加

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

いよいよ新ストーリー追加が来ましたね!実装は11月7日とのことです。

前回のストーリー追加から約4か月となりますが、カイルたちの冒険がどのように進展いくのか楽しみです。

冒険の舞台は新たなるステージ、ロダール大陸へ…。追加の隠し要素やミニゲームなども期待できそうですね!

2.3つの新機能の実装

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

新ストーリーの追加、ロダール大陸の解放に伴い以下3つの機能が実装されるみたいです。

1.レッドソウルスポットの追加

ずっと渋られてきたレッドソウルスポットがいよいよ追加!最近ではレッドソウルを必要とするアークが増えてきたので、これは嬉しい知らせですね。

深刻なレッドソウル不足もこれで少し緩和されそうな気がします。

2.ゴルド鉱山

ゴルド鉱山は、時間経過によりゼルを生み出してくれるスポットだそうです。ソウルスポットのゼルバージョンみたいなイメージですね。

ある程度ゲームを進めている人はお金が有り余るくらいだと思うので恩恵は少ないかも知れませんが、ラスクラを始めたばかりの初心者さんには嬉しい機能だと言えるでしょう。

3.古代図書館

古代図書館では、今までのゲームの戦績閲覧やストーリー・サブストーリーの振り返り、そして様々なランキングが確認できるようになります。

ランキングはみんなのユニット使用率やアークの使用率などが確認できるので、キャラやアークの育成の参考になりそうですね。

またストーリーを振り返ることができるようになるので、ここまでのストーリーを忘れてしまった場合は、このストーリーの振り返りシステムで見返すと良いでしょう。

3.新ユニット&新アーク追加

新ユニットと新アークが発表されました。それぞれ紹介していきます!

召喚師リーナ

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

  • 個性①:魂の精律(召喚ゲージの溜まるスピードがアップ)
  • 個性②:翠錬の心(杖装備時、魔法詠唱・特技の発動を中断されない。)
  • 専用スキル:ユグドラシルの聖護(召喚獣ユグドラシルの効果にプロテクションとマジックバリアの効果を付与)

召喚師リーナは施術師リーナの英装ですね。召喚獣を操るのが特徴のユニットです。

個性や専用スキルは召喚獣に関するものが揃っており、今までとはまた違った新しい戦い方をできそうなユニットです。

召喚師リーナがいるだけで召喚ゲージが溜まる速度が速くなるので、クエストの内容によってはパーティー1枠はこの召喚師リーナで決まりそうです。

古代兵器ローガーン

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

習得するスキル
  • ゴッドシールド:神系モンスターからの被ダメージ10%軽減
  • ハイプロテクション:味方単体の受ける物理ダメージを35%カットするバフを付与
  • 天塊:物理ダメージを受けた時、MPを消費して受けるダメージを半減

新しく登場するのはSSRアークの古代兵器ローガーンです。防御に特化したアークのようですね。

タンクには欠かせないスキルが揃っているので、タンクを育成している場合はぜひとも引いておきたいアークだと言えるでしょう。

今後のラスクラについて

【ラスクラ】第7回公式生放送のまとめ!ついに新ストーリー追加!

今後のラスクラについても発表されていましたが、正直以前から言われていたものばかりですね…。

どれも『年内行けたら…』と言う感じなので、長い目で見ていた方が良さそうです。個人的には遠征とアークレベルの選択機能が欲しい。

まとめ:ついにストーリーが進展!おまけ要素などにも期待

今回はラストクラウディアの第7回公式生放送のまとめと言うことで記事を書きました。

前回のストーリー追加からかなり時間が経っているので、正直ストーリーの内容がかすんでしまっていますが、また感動を巻き起こしてほしいところです。

ラスクラと言えば隠し要素やミニゲームなので、このあたりも期待したいところ。11月7日を楽しみにしていましょう。

それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。ぐっさんでした!