【仮想通貨がもらえるアプリ】Braveの使い方を解説!稼ぐ方法も紹介!

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

どうも、ぐっさん(@gooskagoo_gu)です。

こちらの記事では、広告をカットできる次世代ブラウザ『Brave』の使い方を紹介していきます。

ネットサーフィンをするだけで仮想通貨『BAT』がもらえる夢のようなアプリ、その名もBrave(ブレイブ)。

広告が煩わしいサイトやYouTubeの長ったらしいCMだって、このBraveを経由して見れば広告完全ブロックで快適にコンテンツを楽しむことができちゃいます。

ぐっさん

しかも、完全無料!YouTubeプレミアムなんか加入する必要ナシ!

と言う事で、こちらのページでは次世代ブラウザ『Brave』の使い方や仮想通貨の稼ぎ方などをまとめていくので、気になるあなたはぜひこの記事を読んでみてください。

次世代ブラウザ『Brave』とは

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Brave(ブレイブ)とは、JavaScriptの開発者ブレンダン・アイク氏によってリリースされた次世代のインターネットブラウザです。

最大の特徴は優秀な広告ブロック機能であり、YouTube広告はもちろんのこと、アフィリエイトサイトのアドセンス広告や広告リンクなども削除してくれます。

ちなみに、Braveの革新的なところは広告ブロック機能だけではありません。

Braveによって削除された広告スペースにはBraveが別の広告を挿入しますが、Brave広告が表示されるたびにBATと言う仮想通貨が貯まっていきます。

このBATは仮想通貨取引所で売却すると日本円に換金できるため、いわばネットサーフィンをするだけでお金が貯まる夢のような次世代ブラウザと言うわけですね。

【PC・スマホ対応】Braveの使い方を解説

ここまで記事を読んでBraveに興味を持ったのであれば、ぜひとも実際に使っていただきたい。

こちらの章ではBraveのインストール方法を紹介していきます。もちろん無料で利用できるので、気軽にダウンロードしてみてください。

PCの場合

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

まずはBraveの公式ページへ飛びましょう。

トップページの右上に『ダウンロード』と言う項目があるのでこちらをクリックします。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

次に画面中央に『今すぐダウンロード』と言う項目があるのでこちらをクリックします。

すると、インストーラーのダウンロードが始まります。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveのインストーラーがダウンロードできたら、ダブルクリックをしてPCにインストールしましょう。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

インストールが完了したら、Braveを開きいつものようにネットサーフィンをしていけばOKです。

Brave経由でYouTubeなどを検索し、ログインして動画を視聴すればCMを完全にカットすることができます。

これで快適なインターネットライフを送れますね!

ちなみに設定から別のブラウザのブックマークをインポートできるので、普段Google ChromeやFirefoxを使っている人でも、即座にブラウザを切り替えることができます。

スマホの場合

Brave: 広告をブロックする次世代の高速ブラウザ アプリ

Brave: 広告をブロックする次世代の高速ブラウザ アプリ

Brave Software無料posted withアプリーチ

まずはストアからBraveをインストールしましょう。

各ストアには上のリンクをタップすれば飛ぶことができます。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

インストールされたBraveを開くと上記のようなポップアップが表示されるので、続行をタップして進めていきます。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

画面を進めていくと『毎週のアップデートを利用』と言う項目が表示されるので、『プライバシーレポートをONにする』をタップします。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

すると、いよいよBraveの利用が可能になります。

Brave経由でYouTubeを検索し、いつも通りログインして動画を視聴すれば完全に広告がカットされた状態でスムーズに閲覧できるようになります。

ぜひ、今日から試してみてください。

Braveで稼ぐ方法を3つのステップで解説

こちらの章ではBraveで仮想通貨を貰う方法や、もらった仮想通貨を日本円に換える方法をお伝えします。

ぐっさん

無料でもらった仮想通貨を日本円に換えて、リスクゼロで稼いじゃいましょう。

Braveで稼ぐ方法は

  • ステップ1:bitFlyerの口座を開設する
  • ステップ2:Brave Rewardsを有効にする
  • ステップ3:BraveとbitFlyerを連携させてBATを受け取る

上記の通り、全3ステップでまとめてあります。それぞれ詳しく解説していきますね!

ステップ1:bitFlyerの口座を開設する

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveで貯まったBATを売却するには、BraveとbitFlyer(ビットフライヤー)を連携させる必要があります。

逆に言えばbitFlyerの口座が無いとBATを貯めても日本円に換えることができないので、口座を持っていない場合は事前に開設しておきましょう。

なお、紹介コードuwxqu141を入力して口座開設をすると、無料で1,000円分のビットコインも獲得できますよ!

以下のリンクから公式サイトに飛べるので、ぜひ有効に活用してください。

1,000円分のBTCがもらえる!bitFlyerの公式サイトはこちら

bitFlyer,ビットフライヤー,口座開設,手順bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順を5ステップで解説【最短10分】

ステップ2:Brave Rewardsを有効にする

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

bitFlyerの口座開設が完了したら、次にBrave Rewardsを有効にしていきます。

このBrave RewardsをONにすることでBATが獲得できるようになりますよ!

Braveを立ち上げるとトップページ右側に上記のようなBrave Rewardsについての項目があるので、 Rewardsの使用開始をクリックしましょう。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

上記のようなポップアップが表示されるので、再度Brave Rewardsの使用を開始をクリックしてください。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveの使い方を説明してくれるクイックツアーへの参加を促されますが、特に必要ない場合は今はスキップをクリックすればOKです。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

無事にBrave Rewardsが有効になると、Braveのトップ画面右側の項目も上記のように表示されます。

広告を見るたびにトークン残高が増えていくので随時確認しておくと良いでしょう。

Braveで更に稼ぐために…

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveで少しでも多く稼ぐために、広告の表示回数を最大にしておくことをおすすめします。

広告の表示回数の設定は、トップ画面右下にある歯車のマークから行います。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

歯車をクリックして設定画面を表示させたら、Brave Rewardsと言う項目を探してください。

Brave Rewardsを開くと中央に『表示する広告の最大数』を設定する項目があるので、ここを1時間に最大10件の広告に変更します。

これで頻繁に広告が表示されるようになり、BATがもらいやすくなります。

なお、広告が表示されすぎてウザい…なんて心配もありません。

正直Braveの広告はどこに表示されているのか全くわからないレベルなので、設定をいじっても快適にネットサーフィンできます。

ステップ3:BraveとbitFlyerを連携させてBATを受け取る

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

最後に、BraveとbitFlyerを連携させて、稼いだBATが自動的にbitFlyerの口座へ振り込まれるように設定していきます。

Brave Rewardsの画面を開くと左上に未認証と書かれた項目があるのでこちらをクリックします。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

次にウォレットの認証画面へと進みます。説明文をざっと読み、続けるをクリックしてください。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

すると、ウォレットサービスの選択画面が表示されます。使えるウォレットはbitFlyerのみとなるのでご注意ください。

ぐっさん

まだ口座開設が済んでいない場合は、先にbitFlyerの口座開設から済ませましょう。

bitFlyerの口座開設が完了している場合は、bitFlyerのロゴをクリックします。

なお、まれにRewards Walletの連携先にbitFlyerが表示されないケースがあります。実は僕自身もなりました。

その場合はいろいろ設定が必要になるので、こちらのヘルプを確認しつつ対応してみてください。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

bitFlyerのログイン画面へと移行するので、アドレスとパスワードを入力しログインをしてください。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

ログインが完了すると、BraveとbitFlyerの連携許可を許可するか否かを聞かれます。

問題が無ければ、許可するをクリックしてください。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

無事に連携が完了すると、Brave Rewardsの左上の項目が認証済みに切り替わります。

これで、BATをbitFlyerの口座で受け取ることができるようになりました!

後は、BATの現在価格を見つつ、自分の好きなタイミングでBATを売却し日本円に変換すればOKです。

実際いくら稼げるの?Braveを約1年半使ってわかった3つのメリット

この章では、僕自身がBraveを約1年半使用して感じた3つのメリットをまとめていきます。

メリット1:YouTubeの視聴がめちゃくちゃ快適

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveを使ってYouTubeを視聴するようになってからとにかく快適!ストレスフリー!

見事に広告が表示されなくなりました。

しかもスマホアプリだとバックグラウンドでの再生もでき、おまけに動画をダウンロードしてオフラインで視聴することも可能!

YouTubeプレミアムに加入せずとここまでの機能が使えるので、マジでYouTubeでの視聴活動が捗ります。

正直もっと早く知りたかった…。

ちなみに、このBraveを使うとネット記事のアフィリ広告も削除されるので、ネットサーフィンもサックサク。

もちろん、当サイトに掲載されているアドセンス広告や一部ゲームアプリの広告も表示されなくなります。

Braveが普及すると自分にとっては損でしかありませんが…笑

しかし、このメリットは伝えずにはいらないでしょう。

メリット2:ページの表示速度が速い

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

Braveは高速表示に特化したウェブブラウザと謳うだけあって、ページの表示速度がめちゃくちゃ早いです。

Braveのトップページには上記画像のような『節約できた読み込み時間』と言うものが表示されますが、1年半で約1.47日分の時間が節約できました。

ちなみに、角川アスキー総合研究所が実施した『ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査』ではBraveが最速であると証明されており、その速さはもはやお墨付きレベル。

一度Braveを使い始めたらあまりにも快適すぎて他のウェブブラウザは使えなくなると思います。

メリット3:知らない間にガンガンBATが貯まる

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

上記画像は2022年10月のものですが、この1か月で5.804BATほど獲得できました。

ぐっさん

やたら多くもらえる月もあれば、あんまりもらえない月もあります。

この記事執筆時点では1BATあたり約38円なので、そのまま売れば約220円ってところですね。

Brave,使い方,アプリ,仮想通貨,稼ぐ

ちなみに1年半で貯まったBATは約38.13枚でした。現時点のBATの価格で日本円に換算すると1,714円ですね。

1年半でこれはしょぼいと思うかも知れませんが、しかし『ただネットしてただけで得られたお金』と考えるとすごい事だと思います。

ぐっさん

しかも、BATが値上がりすればもっと多くの金額を得られることになりますしね。

こんな便利なのにお金までもらって良いの?って感じですが、『広告で利益が稼げるのは全て消費者となる視聴者あってのこと』と言う信念から、こうした配分システムを作っているみたいです。

運営、広告主、そして決して忘れてはいけない視聴者(消費者)も巻き込んだ真の意味でのウィンウィンウィンの関係を築く画期的な仕組みだと思いますね。

Braveについてよくある5つのFAQ

Braveについてのよくある5つの質問と、それに対する回答をまとめてみました。

Braveの危険性は?本当に安全なアプリですか?

BraveはJavaScriptの開発者ブレンダン・アイク氏によって開発された信頼のあるブラウザです。僕自身も1年使ってみて特に問題もなく快適に利用できているので、安全性には特に問題がないブラウザだと言えます。

お気に入り追加する方法を教えてください。

BraveをPCから利用している場合は、URLの左にあるしおりのようなマークからブックマークに追加できます。スマホの場合は、画面右下にある三点マークからブックマークに追加をタップすればOKです。

Braveは稼げないアプリって聞いたんですが…

正直に言うとBraveを使ってもめちゃくちゃ稼げるわけではありません。せいぜい1年使って1,000円分のBATが得られるくらいです。しかし、無料で使える上にネットサーフィンするだけでお金がもらえると考えれば使わない理由がないでしょう。広告ブロック機能だけでも使う価値があるブラウザだと思います。

広告が消えない時の対処法は?

Braveは基本的に望ましくない広告はすべてブロックしてくれますが、Braveが安全だと判断した広告はブロックされないようです。

Brave広告が全然出ない!どうしたらいいの?

Brave広告があまり表示されない場合は設定を変えてみましょう。Braveの設定画面から表示する広告の最大数を1時間に最大10件の広告に変更することで、今より多くの広告が表示されるようになるはずです。

まとめ

今回は仮想通貨がもらえる次世代ブラウザ『Brave』を紹介しました。

無駄な広告を省き、おまけに仮想通貨をもらってお金を稼ぐことができるなんてまさに夢のようなブラウザアプリだと思います。

正直使わないと損なレベルなので、今もGooglechromeやfirefoxなどを使っている場合は、ぜひブラウザの乗り換えを検討してみてください。

繰り返しになりますが、bitFlyerの口座を持っていないともらった仮想通貨を換金することができないので、口座開設がまだの場合は必ず事前に開設しておきましょう。

それではここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。