2020年11月最新のおすすめRPGアプリ14選

YouTubeの相互登録とは?【規約違反で通報される行為です】

YouTube,相互登録,規約,違反,通報

どうも、こんにちは。ぐっさん(@gussanchi0123)です。

こちらの記事ではYouTubeでの相互登録をテーマに記事を書いていこうと思います。

ツイッターをやってるとたまに『相互登録しませんか?』と言うお誘いがありますが、僕自身YouTubeでゲーム実況を始めた当初は相互登録の意味を良くわかっていませんでした。

なので、こちらでYouTubeでの相互登録についていろいろ調べてわかった事をまとめていきたいと思いますので、

『相互登録についてよくわからない…』

と言うあなたはぜひこちらの記事を参考にしてもらえたらと思います。

そもそもYouTubeの相互登録とは?

YouTubeの相互登録とは、お互いのチャンネルを故意的に登録し合うことを言います。

YouTubeを始めた当初はやはり固定のファンが付きにくいものですから、まずは誰でもいいからチャンネル登録してほしい!と願うもの。

なので、同じく登録者数を増やしたいだろうなと考えているユーチューバーの方に声をかけ、お互いに登録しあいチャンネルの登録者数を増やそうと言う作戦ですね。

また最近ではYouTubeでの収益化の最低ラインとして登録者数が1000人以上かつ総再生時間4000時間以上と言う制限が設けられていますので、利益を得るために登録者を水増したいと考える人も多いようです。

チャンネルの相互登録はYouTube的に規約違反です

結論から言うと、YouTubeのチャンネル相互登録はNGです。

人為的な方法によるチャンネル登録者数の増加
YouTube では、チャンネルの成長は人為的な方法や相互チャンネル登録によるものではなく、質の高いコンテンツを制作して視聴者にチャンネル登録してもらうことで実現されるべきであると考えています。

別のクリエイターのチャンネルに登録することの見返りとして、自分のチャンネルへの登録を提案すること(Sub4Sub とも呼ばれます)は許可されていません。相互チャンネル登録を提案したクリエイターは、チャンネル登録者数が減らされたり、利用規約違反警告を受けたり、チャンネルが停止されたりするおそれがあります。

また、自動化された方法やマーケットプレイスを利用して YouTube チャンネル登録者数を増やそうとするサービスは、YouTube 利用規約の以下の条項に違反します。

  • 第三者のウェブサイトからのチャンネル登録者の購入
  • 第三者のウェブサイトで提供される、複数のチャンネルに登録させる代わりにチャンネル登録し返す相互チャンネル登録と、そのサービス

引用元:YouTubeヘルプ

上記の通り、YouTubeのヘルプセンターにもはっきりと明記されています。ルールとして定められているのなら守らないといけません。

しかしもし、相互登録している事が判明した場合、

  • チャンネル登録者数が減らされる
  • 違反警告を受ける
  • チャンネルが停止する

上記のような措置が待っているとのこと。

最近はYouTubeの規約や監視の目がますます厳しくなっているようですので、登録者数が少ないチャンネルとは言えどルールを守って運営していかないと後々大変な事になりそうです。

相互登録行為はYouTube運営に通報されることもある

相互登録行為はもちろん、運営に通報される可能性があります。

例えばツイッターやYouTube動画のコメント欄等で『相互登録しよう!』としつこく声をかけられると、あまり良い気持ちにはなりませんね。

せっかく立ち上げたチャンネルをBANされるのは嫌ですし、健全にチャンネルを運営していきたいと考えている人が大半です。

モラルを持って行動していかないと、反感を買ってしまうのは当然だと言えるでしょう。

結論:YouTubeの相互登録依頼が来たら無視が良さそう

とりあえず相互登録してくれ!と言う依頼が来たら無視するのが良さそうです。

それに例え相互登録がバレなくても結局は自分のファンではないわけですから、再生数アップにはつながりませんしね…。

質の悪い登録者(言い方は悪いけれど)ばかりだと自分のチャンネルの評価を落とす事にもなりかねないので、純粋なファンを作れるように試行錯誤していくのが良さそうです。

知らずに相互登録しちゃってた!と言う場合でも、そういった事情はYouTube側は考慮してくれませんので、まずはしっかりルールを確認しておきましょう。

それでは今回もここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。ぐっさんでした!